ブログに記事をまとめる方が働くよりよっぽど消耗する。。。(挨拶)

 

さて、ICOに参加しているとMyEtherWallet(MEW)の使い方はだんだん分かってくるようになると思います。

実際MEWの使い方は画像付きでわかりやすく、詳しく解説してくれているサイトが多いですね。

こちらでもその内まとめようとは思いますが…

まずは他のサイトでそんなに扱っていないEtherscanについて解説させてください。

 

 

そもそのEtherscanとは?

EtherscanはETHに関わる様々な情報を一元的に確認できるサービスです。

例えば、トップページを見てみるとETHについての様々な情報が確認できますね。

 

 

自分のETHアドレスを確認

その中でも私たちが日頃使うであろうポイントについて解説していきます。

例えば、「MyEtherWalletにログインするのは面倒くさいけれども入金などを確認したいとき

Etherscanで自分のETHアドレスを検索すればいいだけです。簡単ですね!

(私は自分のETHアドレスを検索したページをブックマークしてます)

ETH Balance」には入力したアドレスに現在あるETHの量が。

Transacrion」タブ内には最近の入出金が表示されています。

 

 

 

トランザクションを確認

自分の送ったETHが無事に送付できたか確認したいとき」も簡単です。

Transactions」タブの中にある青文字になっているTxHashをクリックすればOK。

もちろんTxHashを検索してもOKです。

 

 

ERC-20トークンの情報を確認

自分が参加したICOのトークンについて知りたいとき」はもっと簡単です。

検索窓からトークンの名称を検索するだけ。

検索したトークンについての様々な情報が記載されています。

自分のMEWに新しくERC-20トークンを追加する際は以下の画像の青丸の情報を入力すればOKです。

*トークンによっては類似のもの、バージョン違いのものなどがある場合もあるので、その点には十分ご留意ください。

 

「自分のETHアドレスにICOのトークンが配布されているかどうか」もEtherscanを使えばわかりますよ!

自分のETHアドレスを検索し「Token Transfers」タブをクリックすれば、自分のETHアドレス宛に送られたトークンや、自分が送出したトークンも確認できます。

 

 

このことを知っているだけで、ICO参加の際の不安が減るのではないかなと思いますよ!

ICO参加の際は是非参考にしてください。

 

 

ETHとERC-20トークンについて補足

・MEWにERC-20トークンを送りたいときはETHアドレスを使用します。

ERC-20トークン毎に自分用のアドレスが存在するわけではありません。

 

・取引所のETHアドレスは送出と受取で異なる場合があります。

取引所でETH受取の際に使用するアドレスは個人毎にありますよね。

送出の際に使用するアドレスは取引所の所有する共有アドレスからの場合があります。

 

このことを知っていると、EtherscanでETHの流れが分かりやすくなりますよ。

 

それではEtherscanでよりよりICO投資ライフをお送りください!

 

 

 

疲れた・・・投銭くれてもええんやで。

ETHアドレス:0x2D6777e545fb72b2A247AD1C236f891EdD7a15E9

 


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です