MONAを筆頭に、BitZenyやNANJなど、国産コインは何かと話題になりますよね。

言語の壁でなかなか海外のコミュニティに参加しにくい日本人にとって、国産コインは身近に暗号通貨とそのコミュニティを感じられる存在です。

そして、国産コインの価値は「日本人がどれほどコミュニティを盛り上げられるか」にかなり依存します。

逆を言えば、コミュニティを盛り上げて海外資本を呼び込めば先行者利益を得られやすいのも国産コインの特徴と言えるでしょう。

そんな中、私が次に来る(来て欲しい)と思っているのが、今回紹介する【FETISH COIN (FET)】です!

 

 

 

FETISH COIN ってどんなコイン?

フェチに関するコンテンツ(以下、フェチコンテンツ)の購入や、フェチコンテンツ提供者に対してのチップとして気軽に使えるコイン」です。コインの発行枚数を充分に設定するこ とで一枚当たりの価格を比較的安価にし、じゃぶじゃぶと気持ち良くチップを行えるようにし ています。なお、「フェチコンテンツ」はあくまでもフェティシズムに関するものであり、ポル ノなどの性的なメディアを指すものではありません

 

 

 

FETISH COINの基本理念

・皆様のフェチ欲求の充実を支援する

・フェチ=恥ずかしいという考え方を排し、人々のフェチを可視化する。これにより本心を 隠す必要がなくなり、フェチ友達を作りやすい社会を実現する。

・全ての人が、自身の美点や欠点、特技といった「自分らしさ」をフェチコンテンツとして 世界に展開することで、金銭的および精神的な利益を得られるようにする。

・品質の高いフェチコンテンツを提供する人が適切なリターンを得られるようにする。

匿名性、防犯性を意識した安心安全なサービスを提供する。また、フェチを食い物にする ような人々を排除する。

・既存のフェチコミュニティに与える影響を最小限にする。

マイノリティに属するフェチも可能な限りサポートする。

フェチを通じて社会に貢献する

 

 

 

FETISH COINの基本情報

代表:Himmeli  
公式 Twitter アカウント  
公式 Discord  
公式 Web サイト
ホワイトペーパー  
技術開発例 
Bitcointalk ANN
AbemaTV動画
開発者
開発者3名とアドバイザー1名で開発しています。
開発者はいずれも従業員数1万人を超える日本の有名企業の最先端ソフトウェアエンジニアです。
トークン基本仕様 
 正式名称:fetish coin 
 シンボル:FET 
 最大発行量:100,000,000,000 FET (1,000億枚) 
 トークン形式:ERC223
 桁数:6 
 コントラクト:0xefcec6d87e3ce625c90865a49f2b7482963d73fe
 独自機能:burn 機能、トークン回収、トークン凍結、トークン預託機能、rain 機能 など

トークンのロードマップ
2018. Q1
  fetish coin project 立ち上げ
  コミュニティ形成
  公式 Web サイト・ホワイトペーパーの公開・英語対応 
  Airdrop 第一弾実施 
2018. Q2
  AirDrop 第二弾実施
  FET イベント開催
  法人化
  Web サービスのモック公開
  取引所上場交渉
  (可能ならこの時点で上場)
  Web サービスα版公開(身内でのテスト) 
2018. Q3
  取引所上場
  Web サービスβ版公開(一般公開)
  フェチ業界の著名人誘致準備 
2018. Q4
  Web サービス本公開 
2019. Q1
  Web サービス改善
  フェチ展計画

 

 

 

FETが提供するサービス

Webサービス

・フェチコンテンツのマッチング

・ビデオストリーミ ング販売が可能な Web サイト

一般的なビデオストリーミング+チップサイトを想像していただければ良いのですが、フェチ マッチング、公式フェチチャンネル、フェチポートフォリオという特徴的な点を持ちます。また、ブロックチェーンの仕組みを活かした防犯機能を取り入れます。

 

リアルサービス

・フェチ活動を安心安全に 行える場(フェチ展など)

これは、フェチにおける安全安心なコミュニケーションを提供するための場所です。基本的に は前述の欠損 BAR や、太ももカフェといった既存のイベント・企画に近いものです。ただし、 fetish coin project におけるフェチ展では、公式フェチチャンネルで調達したフェチ関連機器 やグッズを設置し、匿名性を確保した上で、これらを自由に利用できるような空間を提供しま す。匂いフェチなど、サービス上では支援しにくいフェチもこの空間で取り扱うことになるで しょう。また、公式フェチチャンネルの機材を用いてフェチコンテンツの撮影および販売がで きるような仕組みも検討しています。

 

 

 

フェチ界隈の現状や問題点

・フェチに対する偏見

・過剰な中抜きなどの利益問題

・コンテンツ流出などの安全性

・コンテンツの供給不足

私はフェチ界隈に明るくないので、詳しくはこちらを参考にしていただければと思います。

 

 

 

私がFETISH COINに望むもの

私自身、フェチの対象になる欠損もちである身としては、FETが普及して、欠損に対する社会の理解が進んでくれるととても助かりますし、欠損というある種の個性を好きだといってくれる人がいるということは、少し気持ちが楽になる部分もあります。

欠損フェチや義肢フェチは不謹慎だという声があるようですが、私はそんな声より欠損が好きだと言ってもらえた方が嬉しいですしね。

FETISH COINやフェチフェスが私にとって住みやすい社会の一助になって欲しいと強く願っています。

(こういうカミングアウトってなかなか難しいですね。この文章を書くこと自体、何度も躊躇し、書いては消しを繰り返しています。フェチのカミングアウトもきっとそうなんだろうなぁ。)

また一方で、自分が好きなフェチを語り合えるコミュニティがあることで、日常生活がちょっと華やかになったり、新たなクリエイトの場が生まれ、FETがさらに発展していけばいいなと期待しています。